顔脱毛をする時の注意点!

顔の特徴と自己処理について

顔は他のパーツに比べて皮膚が薄いです。 そして刺激に弱くて、産毛で覆われています。
顔剃りをすると産毛がなくなったことで顔全体が明るくなり、ファンデーションのノリが良く化粧栄えのする肌になります。 そしてそれを怠ると、化粧ノリは悪くなるし、口周りにはヒゲが目立ち始めます。
カミソリや電気シェーバーなどで自己処理をしている人は多いと思いますが、肌が弱ってる時は肌へのダメージも大きくカミソリ負けや赤み・痒みなどの肌トラブルの原因になったりします。 ひどくなると、皮膚科への通院にもなりかねません。

顔脱毛について

顔脱毛をしたらそんな毎日の顔剃りからも開放され、ムダ毛・産毛で悩むことも少なくなるでしょう。
ただ前にも述べたように顔は、他のパーツに比べて皮膚が薄いので顔脱毛には注意が必要です。 顔脱毛は、デリケートゾーンの脱毛と考えて下さい。 顔は隠すことのできない部分なので、失敗しない脱毛選びが必要です。
『価格が安いから』だけじゃダメですよ!! 値段より大切なことがあるんです。
目立つ部分だから、信頼できるサロンを選びましょう。 そして失敗しないためにお試しコースやテスト脱毛をやってみましょう。
脱毛サロンや病院での脱毛には、肌への優しさ・痛み・火傷のリスクなどが違ってきます。
脱毛方法としては、毛根部分を照射していく光(フラッシュ)脱毛・レーザー脱毛が主流です。

顔脱毛の不安や心配

自己処理の負担がなくなる顔脱毛に興味があっても、顔脱毛を不安に思ってる人も多いでしょう。 肌が荒れるのが心配だったり、火傷の心配など。
ネットで調べていくと、まゆ毛の一部がなくなったとか痕が残った、火傷したなどいろいろ出てきますが、それはどんな脱毛方法で失敗してるのかが問題になってきます。

レーザー脱毛

レーザー熱を毛根部分に照射し、毛乳頭などを破壊して脱毛する方法で、医師でないと行えない脱毛方法です。 レーザー光線は、強いエネルギーで照射するので、赤く炎症を起こしたり火傷の心配があります。
医療レーザ脱毛は医師がやる脱毛・病院でやるから安心!と思ってる人も多いようですが、安全とは限りません。 効果が出やすい分、照射の威力が強いのです。

光脱毛

光脱毛は、本質的には医療レーザー脱毛と一緒で毛根部分を照射して脱毛していきます。 しかし脱毛サロンでは医療行為はできませんので、毛乳頭などを破壊しない程度の威力の弱い照射になります。
レーザー脱毛よりも威力の弱い照射になりますので、脱毛効果が出にくく効果が出るまで回数が必要です。 そのぶん失敗するリスクは低いので、顔脱毛には光脱毛の方が安全です。
顔脱毛では、効果の早さよりも安全性を重視することも考えたほうが良いと思います。 光脱毛でも肌に優しい脱毛をしてくれる脱毛機や光の調節脱毛機など脱毛サロンによって脱毛機の特徴も様々です。

一見病院でやる脱毛のほうが安全!のような気がしますが、顔のようなデリケート部位には注意が必要なんです。
顔の産毛やムダ毛が気になって顔脱毛したい!って思っていると脱毛したさで忘れがちですが、顔は体のパーツと違って非常にデリケートな肌だということを忘れずに!
そして脱毛すると乾燥しやすくなるので、脱毛後はしっかりと保湿ケアをしましょう。